WordPressでブログを書くならプラグインを上手く利用する

どうも、ホワイトです。

WordPressを使う上で便利な機能の一つとして「プラグイン」が挙げられます。

自分個人としては、このプラグインがWordPressで最大・最高の特長かなとも思っているし、プラグインによってWordPressでのサイト制作上のピンチを何度も救われてきたといっても過言ではないでしょう。

phpやjQueryが完璧に書けなくても、そこそこWordPress案件に対応できているのはプラグインのおかげに他ならないと思ってます。
そしてこのプラグインの豊富さが、多くの案件でWordPress選択を決定づける要因にもなっています。

有償・無償、様々なプラグインが数多く配布されており、公式ディレクトリに登録されているプラグインは管理画面から簡単に追加することができます。

WordPressのインストールやブログ投稿もそうであったように、htmlやプログラムの知識がなくてもサイトに色々な機能を追加することができるので、是非使ってみましょう!

お問い合わせフォームやスライダー、SEO対策、SNS連携などもプラグインを使って簡単に設定することができます。

公式ディレクトリからプラグインをインストールする

プラグインをインストールするには、まず管理画面にログインします。

「プラグイン」→「新規追加」で公式ディレクトリに登録されているプラグインが表示されます。

公式ディレクトリ

使いたいプラグインが決まっている場合は右上の検索ボックスにプラグイン名を入力すると、該当するプラグイン、似たような機能、名前のプラグインも出てくるので、その中から必要とするプラグインをインストールします。

「今すぐインストール」をクリックすると数秒でプラグインがインストールされます。

プラグインの有効化

インストールが完了すると「今すぐインストール」が「有効化」に変わります。

すぐ利用するのであれば「有効化」をクリックします。

プラグインの有効化は、この画面で行わなくてもプラグイン一覧から行うことも可能です。

有効化したプラグインは、必要に応じて詳細設定を行ってから利用開始します。

公式ディレクトリ以外からプラグインをインストールする

公式ディレクトリに登録されていないプラグインは管理画面からアップロードしてインストールすることになります。

まずは追加したいプラグインをダウンロード、または購入します。

管理画面の「プラグイン」→「新規追加」で上部に「プラグインのアップロード」があるので、これをクリック。

プラグインのアップロード

ダウンロードして用意してあったプラグインのZIPファイルをアップロードします。

アップロードしたら「今すぐインストール」ボタンをクリック。

インストールから有効化

インストールが終わると、先ほどと同様に「プラグインを有効化」ボタンが出てくるので、こちらをクリックして、プラグインを有効化します。

これで作業は完了。

あとは公式ディレクトリからインストールしたときと同じように詳細設定をして、プラグインを使い始めることができます。

サーバーに直接アップロードしてインストールする

ZIP形式に圧縮されていない通常のファイルも、もちろんインストールすることができます。
その場合はFTPソフトなどを使用して、直接サーバーにアップロードする形になります。

サーバー上の/wp-content/plugins/フォルダに直接アップロードします。

アップロードしてから管理画面のインストール済みプラグインを見ると、インストールされているプラグイン一覧の中に、先ほどFTPソフトなどでアップロードしたプラグインがあります。

まだアップロードしただけなので、他の方法と同様に「有効化」してプラグインを利用開始します。

 

WordPressのバージョンや、使用しているサーバー環境によって動作しなかったり、不具合が起きるプラグインも存在するので、事前にしっかりと調べてからインストールを行うようにしましょう。

発売からしばらく経つものの、定番の優良プラグインが紹介されている、こちらの本は参考になるかと思います。