ダイエット日報、そして痛風発作

どうも、ホワイトです。

先週の火曜日あたりから捻挫で足首を痛めていたのが、段々と痛みが酷くなり金曜日には足を引きずりほとんど歩けない状況になりました。

 

捻挫の後で小学生のドッジボールに参加、筋トレでも300kg以上でレッグプレスをするなど、痛いけど気にしない的なことをしていたので、骨にヒビでも入ったか!?と思ったのが一つ。

 

そして忌まわしい6年前の出来事。

何の前触れもなく足が痛み、数時間で足を引きずり、翌日には布団につけないほど足が痛む。

いわゆる「痛風発作」

 

この可能性も非常に高いのではないかという、この2つどちらかではないかと思ってました。

 

まあとりあえずは何とか計測できた土曜日から行ってみましょう。

1/26(土)80.7kg

微減80.7kg。

凄い痛いながらも何とか立って計測。

 

しかしこれ以降しばらく二本足で立つことがままならず、しばらく計測できませんでした。。。

 

午前中から時間を追うごとに痛みは増し、そこに加えて発熱も。

痛む患部の腫れも酷くなる一方。

左足の内くるぶしが完全に消えてます。。。

 

痛みが治まらず過ごした土曜日と日曜日

週末土日は腫れと発熱で、ほぼ寝たきり状態。

家の中を移動するときも片足が地面につけないので、四つ這いで移動。

 

日曜日の午後には熱は下がってきたものの、腫れと痛みは一向に引く気配を見せず、冷却を続けるがどうにもならない。

この辺で捻挫や骨折ではなく痛風発作の可能性がぐっと高まる。

ただし、痛みが前回のものとは違うので多少は骨や筋の異常にも疑いは残った。

 

1/28(月)整形外科で検査

週が明けて月曜日、痛風発作の疑いは強いが念のため足自体に異常が無いかも含めて、今回は近くの整形外科で診断を受けた。

クロックスを履いて何とかマンションのエントランスまで降りて、そして何とかチャリに乗って、近くの整形外科まで。

 

まずレントゲン。

 

内くるぶし側の骨が削れて変形していることは見られたものの、骨折箇所はなく今回の腫れに関係しているような様子はなし。

 

ということで続いて血液検査。

こちらは採血だけして、結果は翌日ということで、一旦これで終了。

1/29(火)血液検査の結果

発作が起きて一時的に数値が下がっているものの、尿酸値が6.9っていうことで、普段はもっと数値が上なんだろうという検査結果でした。

発作の炎症が落ち着いたところで、改めて採血して今後の方針を考えます。

 

いやー、この痛風発作だけはホントに痛いので、ならないに越したことはないです。

 

そしてようやく二本足で立てるようになったので、本日の体重計測。

意図せず、不本意ながら80kgを切ることとなりました。

すぐ戻って、またやり直しでしょうね。