WordPressプラグイン「WP Multibyte Patch」は何故必要なのか!?

どうも、ホワイトです。

当たり前のように使っているプラグイン紹介の第2弾です。

今回は「WP Multibyte Patch」というプラグイン。

これは先日紹介した「Hello Dolly」同様、WordPressインストール時にデフォルトで入っているプラグインです。

何気なく有効化している人もいて、それが何であるかということが分かっていない人も多いんじゃないでしょうか???

WP Multibyte Patchとは

まずWordPressは国産ですか?

いや、外国産というのは周知の事実ですよね。

本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグインです。英語圏で作られた WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能を網羅していますので、なんらかの対策を行っていない場合は導入をおすすめします。

要は元々、日本語とは異なる言語である英語で開発されているWordPressを日本語で使えるようにするとなると、英語と日本語では文字のバイト数が異なるため文字化けを起こす可能性があります。

そのため「WP Multibyte Patch」を使用することで、1文字が2バイト以上となる、ひらがな、カタカナ、漢字などといった文字をWordPress上で使用できるように最適化します。

意外と重要なことなので、デフォルトのプラグインだと思って「Hello Dolly」のように、即削除!ということはしないでください。

日本語を使ってブログ書いたり、サイト作るなら必ず有効化しておけば問題ないということです。

WP Multibyte Patchを設定する

さて、WP Multibyte Patchを設定してみましょう!

WP Multibyte Patch

まずWP Multibyte Patchを有効化します。

これだけ。

特に設定する必要はなく、ただただ有効化するだけ。

主な機能については、こちらを参照。

WP Multibyte Patch
本家版、日本語版 WordPress のマルチバイト文字の取り扱いに関する不具合の累積的修正と強化を行うプラグ…

「Hello Dolly」のノリで削除してしまった人は↑こちらからダウンロードするか、管理画面のプラグインページから検索してインストールしてください。

 

以上、WP Multibyte Patchのご紹介でした。

 

何気なく存在しているプラグインだけど、改めてその内容を知っておくことは大事。

 

今回もよく出てきた「Hello Dolly」だけど、ホントこれ要らねえな…(笑)